冠婚葬祭の総合情報サイト。ご贈答時のマナーをご紹介。

ご贈答マナー presented by SASAGAWA

冠婚葬祭共通の回答

質問をキーワードから検索する

冠婚葬祭共通の回答一覧

質問:冠婚葬祭の各行事や儀式における「親族関係の招待や出席及び金品贈答などの範囲」...
冠婚葬祭の各行事や儀式における「親族関係の招待や出席及び金品贈答などの範囲」は、どこまでが妥当なのでしょうか。
答え
冠婚葬祭における各行事や儀式に対する、親族の招待・出席や金品贈答の範囲における決まりは特にありませんが、婚礼や葬儀などの重要な儀式においては、当事者の家族を始め、両親・兄弟姉妹・祖父母・叔父叔母(伯父伯母)までを範囲とするのが一般的で、その他の血族・姻族については何処までをその範囲とするかは儀式挙行当事者の考えや行事の重要性により異なります。

尚、民法に定める親族(血族・配偶者・姻族)の範囲は、「6親等内の血族とその配偶者及び3親等内の姻族」と定められています。

6親等内の血族とは、本人と血族関係にある父母・子供・兄弟姉妹などの6親等内を言います。
詳しくは、民法に定める親族(血族・配偶者・姻族)の範囲をご参照ください。
http://www.zoto.jp/mame/mokicyu.html