冠婚葬祭の総合情報サイト。ご贈答時のマナーをご紹介。

ご贈答マナー presented by SASAGAWA

六曜

目次
六曜について

六曜について

六輝(ろっき)とも言い、中国暦の陰陽五行説からくるもので、日々の吉凶の判断基準とした暦注です。日本で使用されるようになったのは比較的新しく、明治以降に一般庶民間で用いられ始め、さかんに使用されるようになったのは戦後のことです。
婚礼関係の日取りでは、「大安」日が最も相応しく、「先勝」日・「友引」日が大安に次ぐ吉日とされ、「先負」日・「赤口」日・「仏滅」日はともに凶で相応しくないされていますが、昨今では科学的根拠はないとして六曜の吉凶に余りこだわらない向きもあるようです。
また、弔事関係では、通夜・葬儀当日が「友引」日となる場合は、「故人が友を引く」 と忌み嫌って日延べする習慣が定着してきており、葬儀場の定休日ともなっています。法事に関しては六曜にこだわらないで行われるのが一般的のようです。

先勝(せんかち=又は、せんしょう・さきかち、とも言う)

午前中は「吉」、午後は「凶」とされ、「先んずればすなわち勝つ」で、何事も急ぐが勝ちで、急ぎものを始め公式行事や訴訟開始・契約締結日などの適日と言われ、全て積極的に行動すれば結果良しとし、午前中に用を足すことを良とする日です。

友引(ともびき=又は、ゆういん、とも言う)

午前・午後とも相引きで勝ち負けがない日とされています。朝方や夜半は「吉」で、昼間は「凶」とされ、新たな行動は控えるのが無難という日です。この日が通夜・葬儀に当る場合は、「故人の死が友を引いて(招いて)死人が続く」と忌み嫌って、避けて日延べ(1日~2日)する風習があります。

先負(せんまけ=又は、せんぷ・せんぶ・さきまけ、とも言う)

午前中は「凶」、午後は「吉」とされ、「先んずればすなわち負け」で、何事も急がず慌てず全てを控え目にして、急ぎものがあっても午後に用を足すことを良とする日です。「負」を忌み嫌って、訴訟や契約ごとは避けるとの考えもあります。

仏滅(ぶつめつ)

全てに空しく、万事に「凶」で、何事にも不吉とされる悪の日です。お祝いごとは元より、新たな行動を起こすことも良とされません。いわゆる佛(釈迦)入滅日の佛滅日とは関係なく、全てに空しいということから、ものが滅っする(失う)=物滅となり、仏滅と変化した言われています。

大安(たいあん=又は、だいあん、とも言う)

元々の字は「泰安」と書くことからきており、万事が平穏安泰に進み、全てに「大吉」とされる日です。大安吉日で福を招くとか、事が成就するなどとして、結婚式を始めとするいろいろなお祝いごとの行事は元より、新たな行動を起こすにも事始めの良日と言われています。

赤口(しゃっく=又は、しゃっこう、じゃっく、じゃっこう、せきぐち、とも言う)

全てが「大凶」とされる日です。正午前後の各1時間(午の刻)のみが「吉」とされていますが、全てのお祝いごとや新たな行動は控えた方が無難と言われています。「赤」は血や火を表すとして、特に火災や怪我に対する注意を喚起しています。

目次
六曜について

タカ印紙製品オンラインショッピング