冠婚葬祭の総合情報サイト。ご贈答時のマナーをご紹介。

ご贈答マナー presented by SASAGAWA

のし紙の水引の色による使い分け

目次
祝水引(赤金水引)
婚礼水引(赤銀水引)
佛水引(藍銀水引)
黄水引(黄白水引)
見舞水引(赤金水引)
赤棒

祝水引(赤金水引)
水引の結びと色 向って右側が「赤色」、左側が「金色」の5本又は7本の水引が印刷され、中央の結び目は「花結び」と称される蝶結びになっています。
本来は向って左側は白色ですが、印刷では白色が出ないことから金色(又は銀色)に変えて製品化されています。
熨斗の有無 向って右上に熨斗が印刷されています。
用途 婚礼以外の一般的なお祝いの祝賀品やお祝い返し品を始め、御中元贈答品・御歳暮贈答品・記念品・手土産・粗品・賞品・景品、楽屋見舞い品・茶会見舞い品、神社・祭の詰め所・地蔵盆などへの奉納お供え品などに用いられます。
尚、同様のもので熨斗が付いていないものは傷病や災害のお見舞い品にも用いられます。
婚礼水引(赤銀水引)
水引の結びと色 向って右側が「赤色」、左側が「銀色」の10本の水引が印刷され、中央の結び目は「結切り」と称される丸結びになっています。
本来は向って右側は金色、左側は銀色ですが、印刷では右側を赤色、左側を銀色に変えて製品化されています。
熨斗の有無 向って右上に熨斗が印刷されています。
用途 婚礼のお祝いの祝賀品やお祝い返しの引き出物を始め、仲人・荷宰領や挙式時の神官・僧侶・神父・牧師への謝礼金に沿えて贈る引き出物や手土産などにも用いられます。
金婚又は銀婚式祝い・長寿祝い・叙勲祝い・社屋完成祝い時のお祝い品や、お祝い返しの記念品・粗品などに用いられることもあります。
佛水引(藍銀水引)
水引の結びと色 向って右側が「藍色」、左側が「銀色」の5本又は7本の水引が印刷され、中央の結び目は「結切り」と称される丸結びや、「あわび結び」と称される交差結びに結ばれているものの2種類があります。
本来は向って右側は黒色で、左側は白色ですが、印刷では黒色は暗色が強すぎることから藍色に、印刷では白色が出ないことから銀色に変えて製品化されています。
熨斗の有無 熨斗は印刷されていません。
用途 蓮の絵が入ったものは、仏教の通夜・葬儀告別式・法要時の際に、喪家に対して贈る弔慰品や喪家よりの香奠返しの粗品に用いられるものです。蓮の絵のないものは、仏教・神道・キリスト教など各宗教共通に通夜・葬儀告別式・法要時の際に、喪家に対して贈る弔慰品や喪家よりの香奠返しの粗品に用いられます。
尚、仏教の通夜・葬儀告別式時に「蓮絵入」を用いても、法要時に「蓮絵入」では喪の意味合いが強過ぎるとの理由で、「蓮絵なし」や「黄水引」を用いる場合があります。
黄水引(黄白水引)
水引の結びと色 向って右側が「黄色」、左側が「銀色」の5本又は7本の水引が印刷され、中央の結び目は「結切り」と称される丸結びになっています。本来は向って左側は白色ですが、印刷では白色が出ないことから銀色に変えて製品化されています。
熨斗の有無 熨斗は印刷されていません。
用途 本来は関西の大阪・京都・神戸・奈良の都市部に限り、各宗教共通に通夜・葬儀告別式・法要時の際に、喪家に対して贈る弔慰品や喪家よりの香奠返しの粗品に用いられていたものですが、現在では「佛水引」の蓮絵なしと同様に、法要時に「佛水引」では喪の意味合いが強過ぎるとの理由で、「黄水引」を用いる地区が増加してきています。
尚、仏教以外の神道やキリスト教の通夜・葬儀告別式・法要時の際には、「仏」のイメージが強い「佛水引」は避けて、「黄水引」を用いる方が適切と言えます。
見舞水引(赤金水引)
水引の結びと色 向って右側が「赤色」、左側が「金色」の5本の水引が印刷され、中央の結び目は「結切り」と称される丸結びになっています。
本来は向って左側は白色ですが、印刷では白色が出ないことから金色に変えて製品化されています。
熨斗の有無 熨斗は印刷されていません。
用途 傷病の見舞い品や火事・風水害・地震などの災害時の見舞い品に用いられます。
尚、全快退院時のお見舞い返し(快気祝い・全快祝い)には、同様のもので熨斗が付いているものを用います。
赤棒
水引の結びと色 水引の代りに、水引幅線状に「赤色」の棒が印刷されています。
熨斗の有無 赤棒線上、中央やや右寄りに熨斗が印刷されています。
用途 祝水引に準ずる用い方をするもので、水引が省略されていることから祝水引では仰々しいとする場合に用いるもので、記念品・賞品・景品・粗品などに用いられます。