冠婚葬祭の総合情報サイト。ご贈答時のマナーをご紹介。

ご贈答マナー presented by SASAGAWA

冠婚葬祭共通の回答

質問をキーワードから検索する

冠婚葬祭共通の回答一覧

質問:「金封(水引掛け)の水引色の使い分け」について教えてください。
「金封(水引掛け)の水引色の使い分け」について教えてください。
答え
通常、お祝い用の内、婚礼関係のお祝いには「金と銀色の水引」を用い、その他一般のお祝いには「赤と白色の水引」を用いますが、長寿祝い・結婚記念祝い・社屋ビル新築落成祝い、公共の建物・大型建造物の完成祝い、神社仏閣の落慶法要、叙勲など特に栄誉ある授賞に対するお祝いなどにおいても「金と銀色の水引」を用いる場合もあります。
また弔い用では、一般に「黒と白色の水引」を用いますが、一部の地域や宗教によっては、「黄と白色の水引」・「双銀(銀と銀色)の水引」・「白と白色の水引」などが用いられています。