冠婚葬祭の総合情報サイト。ご贈答時のマナーをご紹介。

ご贈答マナー presented by SASAGAWA

冠婚葬祭全体の回答

質問をキーワードから検索する

冠婚葬祭全体の回答一覧

質問:のし袋や金封に「封入するお祝い金の紙幣の枚数」や、「表書きの文字数」は、奇数...
のし袋や金封に「封入するお祝い金の紙幣の枚数」や、「表書きの文字数」は、奇数にした方がよいとされているようですが何故ですか。
答え
お祝い金の中でも特に結婚祝い金について、「4」や「9」は「死」や「苦」に通じ、6は「ろくでなし」に通じるとして忌み嫌って用いないという風習が古くから根強く残っています。

元々は中国の古い学説で、「奇数は陽の数字、偶数は陰の数字」という陰陽説からきており、陰に当たる偶数は縁起が悪く、陽に当たる奇数は縁起が良い数字とされることからきているようです。

一方では、奇数や偶数に関係なく、「4・6・9」のような言い回し方を始め、「1」は全ての事の始まり、「2」は双方が交わる、「8」は末広がり、「10」は満ち足りて事が成就したなどと言って、それぞれを吉とする日本古来の考え方も影響して、「1・2・3・5・7・8・10」は吉兆の数字で良いとされることから、結婚祝い以外の一般のお祝いごとに封入する紙幣の枚数や祝儀袋の表書き(献辞=上書き)の字数においても、用いられることが多いようです。