冠婚葬祭の総合情報サイト。ご贈答時のマナーをご紹介。

ご贈答マナー presented by SASAGAWA

縁起物(ダルマ)

目次
ダルマ(だるま=達磨)について

ダルマ(だるま=達磨)について

※1達磨大師の座禅姿を模した張り子で、起き上がり小法師ともいいます。底に重心を持たし、倒しても起き上がるような仕組みに作られていることから、「七転八起」と言って、例え七回転んでも八回目には必ず起きると言う「不屈の精神(どんな困難なことにも立ち迎える忍耐力)を表す」といわれています。

多くは招福ダルマと言われ、眉は鶴・髭は亀を表しているとされています。「家内安全・商売繁盛・祈願成就・社運隆盛などを祈願する」縁起物です。

祈願する時は左目(向かって右目)だけを入れ、祈願が成就した時に残りの目(右目=向かって左目)を入れるのが習わしです。目を入れることを「店晴」と言います。通常は購入後1年を経過すると効力を失うとされて買い替えるのが一般的ですが、古いものは次回購入の機会に社寺に持参して焼却して貰います。

※1達磨大師
菩提達磨・円覚大師とも言われ、インドに生まれ中国に禅宗を伝えた法師で、禅宗の始祖といわれています。

目次
ダルマ(だるま=達磨)について

タカ印紙製品オンラインショッピング