冠婚葬祭の総合情報サイト。ご贈答時のマナーをご紹介。

ご贈答マナー presented by SASAGAWA

縁起物(門松)

目次
門松について

門松について

新年を祝って、正月の門前に立てる一対の松飾りことをいい、向かって左側を雄松、右側を雌松と言います。本来はその年の年神様を招き入れ、一年の厄祓いをして無病息災と招福を願うものです。

関東地方では三本の竹を松で囲った上に、裾回りに松の木を割って並べ、むしろでを巻いて荒縄で束ねたものを用いるのが一般的で、豪華なものは竹(笹)・梅の枝・南天などをあしらったものもあります。関西では幼松(根付きの小松)を半紙で巻いて金赤の水引をかけたものを用います。

年末の内に立てますが、29日は「九松(苦待=苦労を待つ)」と忌み嫌い、31日は「一夜付け=又は一夜飾り」と言って神様に対して失礼ということから、28日までに取り付けを済ますのが一般的です。

目次
門松について

タカ印紙製品オンラインショッピング