冠婚葬祭の総合情報サイト。ご贈答時のマナーをご紹介。

ご贈答マナー

弔慰金・お供物の贈り方

目次
弔慰金(ちょういきん)
お供物
供花・供物・香奠の重複

冠婚葬祭に関する儀式の内で、最も厳粛かつ礼節を重んじて行われるのが『葬』にあたる儀式です。葬儀に際しては、遺族と悲しみを共にする気配りや振る舞いがなくてはなりませんが、それが為には服装の一つからご挨拶の言葉の端々にも、心から哀悼を表す心配りが何よりも大切です。こうしたことから弔慰金やお供物を持参するにも、自ずから厳粛かつ礼節を重んじたマナーが求められます。

弔慰金(ちょういきん)

死者をとむらい、遺族を慰めるために贈る金銭のことを言います。古来、葬儀関係の儀式の際には自家伝来のお香を持ち寄って故人に手向けていたことから、この言葉の発祥があります。 従って、弔慰金は故人の霊に手向けるお香や供花に代わるお金という意味合いがあります。 封入する金額は故人との生前のお付き合い程度にその地区の風習を加味したものにします。

お札の向きはどちら向き?

金封やのし袋に封入するお札の方向に特別な決まりはありませんが、葬儀・告別式の弔慰金に限っては受付の会計担当の方が管理しやすいように、表面(和数字の金額、壱万円・五千円などが印刷されている方)向かって左側を上(封入口に近い方)にする方向で封入するのが適切とされています。

新札か、旧札か

新札を用いると死ぬ前から準備していたと思われることからタブー視する向きもあるようですが、逆に使い古した札を用いる方が失礼と考える方が多いようです。新札を用いても特に問題はありませんが、一度半分に折って用いる方法もあります。

金封についての注意

金封は袱紗(ふくさ)に包んで持参し、式場では袱紗から取り出して受付係の方に向けて差し出すのが礼儀です。遺族宅など受付のないところで行われる場合は霊前(佛前)に拝礼して直接お供えします。(法要時も同様)
葬儀の際には参列した日に持参しますが、通夜・葬儀とも参列する場合は通夜に持参するのが一般的です。 献辞(表書き)は、「悲しみの涙に墨も薄くなる」との意味合いから薄墨で書くのが本来の用い方ですが、現在では他の場合と使い分けをせずに濃墨(色)を用いることもあります。

お供物

葬儀・告別式では、弔慰金とは個別に献花(又は、供花=くげ)と言って、花輪や樒(しきみ)及び生花をお供えしますが、式場の都合や故人の遺言、又は遺族の思い入れなどにより、献花を辞退される場合もありますので、念のため先方に確かめてからご了解の下に献花を依頼するのが礼儀です。また法要時ともに供物(くもつ)と言って、霊前(佛前)に干菓子や果物などを持参してお供えしますが、この場合は出来るだけ日持ちのするものを贈るように心がけるのが礼儀ですが、生前に故人が好んで口にしたものをお供えするのも一考です。 その他にも、線香やローソクなどをお供えします。

供花・供物・香奠の重複

葬儀・法要時にお供え物としての供花(くげ)や供物(くもつ)、及び弔慰金としての香奠を重複持参することは一向に差し支えありませんが、供物に弔慰金をあわせて持参する場合は、供物の表書き(献辞)を「御供物」・「御供」とし、弔慰金の表書き(献辞)を「御霊前」・「御香奠」・「御佛前」などと書き換えて、表書き(献辞)が重複しないように心がける必要があります。

目次
弔慰金(ちょういきん)
お供物
供花・供物・香奠の重複

タカ印紙製品オンラインショッピング