冠婚葬祭の総合情報サイト。ご贈答時のマナーをご紹介。

ご贈答マナー

慶弔用品の使い分け(葬儀・法要用)

目次
慶弔用品の使い分け
表書き(献辞)の扱いについて
慶弔用品の使い分け全国マップ
その他慶弔用品の使い分け

2017シャディお歳暮

2017シャディお歳暮

慶弔用品の使い分け

佛式

地域または地区により用いる慶弔用品が異なってきます。

  1. 葬儀・法要とものし紙・のし袋は蓮入を用い金封は黒白を使用する地域・地区
  2. 葬儀時にはのし紙・のし袋ともに蓮入を用い金封は黒白を使用し、法要にはのし紙・のし袋は蓮なしか黄水引を用い金封は黄水引を使用する地域・地区
  3. 葬儀・法要ともにのし紙・のし袋・金封ともに黄水引を用いる地域・地区などがある。
    尚、葬儀時や法要時に黄水引ののし紙を用いるところは、香奠返しに使用するのし紙も黄水引を使用する。

神式・キリスト教

葬儀・法要とも、のし紙は黄水引を用い、のし袋は黄水引又は白無地、 金封は黄水引又は双銀又は白折り(熨斗・水引なしの金封)を使用する。

ポイント

  • 金封の双銀は、いずれの宗教宗派にても葬儀・法要の区別なく使用できる。
  • 水引の結びは、二度と悲しみを繰り返されてはならないとの意から結切り又はあわび結びを用いる。

のし紙の例

水引の結びと色
向って右側が「藍色または黄色」、左側が「銀色」の5本又は7本の水引が印刷され、中央の結び目は「結切り」と称される丸結びや、「あわび結び」と称される交差結びに結ばれているものの2種類があります。(黄水引は「結切り」です。)本来は向って右側は黒色で、左側は白色ですが、印刷では黒色は暗色が強すぎることから藍色に、印刷では白色が出ないことから銀色に変えて製品化されています。
熨斗の有無
熨斗は印刷されていません。
のし紙
のし紙 のし紙 のし紙
あわび結び蓮入 結切り蓮入 結切り蓮なし
のし紙 のし紙 のし紙
結切り黄水引 あわび結び
蓮 志字入
(佛:香奠返し用)
結切り
蓮 志字入
(佛:香奠返し用)

金封の例

本体紙の形状
向って右側が「藍色または黄色」、左側が「銀色」の5本又は7本の水引が印刷され、中央の結び目は「結切り」と称される丸結びや、「あわび結び」と称される交差結びに結ばれているものの2種類があります。(黄水引は「結切り」です。)本来は向って右側は黒色で、左側は白色ですが、印刷では黒色は暗色が強すぎることから藍色に、印刷では白色が出ないことから銀色に変えて製品化されています。
水引の結びと色
向って右側が「黒色または黄色」、左側が「白色」の5本又は7本の水引や、左側・右側ともに「銀色」の5本・7本又は10本の水引が用いられます。中央の結び目は「あわび結び」と称される交差結びに結ばれています。以前は「結切り」と称される丸結びになったものもありましたが、現在ではほとんど見られなくなりました。
熨斗の有無
熨斗はついていません。
金封
金封 金封 金封 金封 金封 金封 金封
黒白
あわび結び
(多当折)
黒白
あわび結び
御香奠字入
(多当折)
黒白
あわび結び
(関西折)
黒白
あわび結び
御香奠字入
(関西折)
黄白
あわび結び
御佛前字入
(関西折)
黄白
あわび結び
御供字入
(関西折)
双銀
あわび結び
御霊前字入

のし袋の例

本体紙の形状
「多当折型」(四方折り・四つ手)又は「封筒型」の2種類があり、多当折型は向って左側の紙端に「緑色」の細幅線状の色が印刷されています。多当折型は主に関東地区、その他の地区は封筒型が用いられます。(黄水引:「封筒型」になっています。 )
水引の結びと色
向って右側が「藍色または黄色」、左側が「銀色」の5本又は7本の水引が印刷され、中央の結び目は「結切り」と称される丸結びや、「あわび結び」と称される交差結びに結ばれているものの2種類があります。(黄水引は「結切り」です。)本来は向って右側は黒色で、左側は白色ですが、印刷では黒色は暗色が強すぎることから藍色に、印刷では白色が出ないことから銀色に変えて製品化されています。
熨斗の有無
熨斗は印刷されていません。
のし袋
のし袋 のし袋 のし袋 のし袋 のし袋 のし袋
結切り蓮 あわび結び佛
(多当折)
御佛前字入
(多当折)
御霊前字入
(多当折)
黄水引
(封筒形)
白無地

表書き(献辞)の扱いについて

表書き(献辞)に使用する「御霊前」は亡くなった方の御霊(みたま)の前にという意味合いがあり、「御佛前」は亡くなった方が成仏(じょうぶつ)した仏様の前にという意味合いがあります。仏教界では亡くなって御霊となった故人は忌明けをもって成仏するとの教えから、通夜、葬儀・告別式から忌明け直前までの法要には「御霊前」を、忌明け法要以降の全ての法要には「御佛前」を用いることになっています。但し、浄土真宗に限り、死とともに仏となって浄土に生まれ変わるとの教えから、通夜、葬儀・告別式から「御佛前」を用いることになっています。 尚、仏式ではあるが宗旨が不明という場合は「御香奠」として持参するのが無難です。
神道では、故人は御霊となり、霊璽[れいじ]に移って後は神となるとの教えから、弔い事の儀式全般に「御霊前」や「御神前」を用いることが出来ます。
キリスト教では、故人は霊魂となって神に召されるとの教えから、「御霊前」は弔い事の儀式全般に用いることが出来ます。

慶弔用品の使い分け全国マップ

のし紙・のし袋・金封の使い分けを地図上で分かりやすく表示しています。

その他慶弔用品の使い分け

使用途に応じて、水引の色・水引の本数・水引の結び・熨斗の有無などに違いがありますので注意が必要です。