冠婚葬祭の総合情報サイト。ご贈答時のマナーをご紹介。

ご贈答マナー

発表会・展覧会

目次
贈答慣習
お祝いを贈る時期
お祝い返しの時期
ひとくちMEMO
ご贈答マナー
使用例(のし紙/金封/のし袋の様式)

贈答慣習

身内の方を初め、友人・知人・ご近所の親しい方などが各種の発表会や展覧会を開催された場合は心より祝意を込めて贈りたいものです。
また展覧会や発表会の楽屋を訪れて激励してあげることも当の本人にとって大変うれしいことです。

お祝いを贈る時期

招待やご案内に対して応えるのが一番のお祝いとなりますが、お祝いを贈る場合は遅くとも発表会・展覧会開催日の前日までか初日までに贈ります。

お祝い返しの時期

一般的にはお礼状程度に留めるようですが、気になる先様には会期終了後に会期中の報告を兼ねて贈ります。事前に発表会や展覧会の招待状を贈っておいたり、記念品を用意しておいて当日のご来場時に贈る場合もあります。

ひとくちMEMO

各種の発表会や展覧会を開催された場合は祝意を持って激励の贈り物を届ける。

ご贈答のマナー

贈答様式 贈り元 献辞(表書き) 慶弔用品
出場・出展に祝い品を贈る 身内
身内以外
発表会開催御祝
展覧会出品御祝
祈念御盛会
御祝
【のし紙】花結び祝
出場・出展に
祝い金を贈る
身内
身内以外
【のし袋】花結び祝
【金封】赤白花結び/赤白あわび結び
表彰に祝金を贈る 会運営元 最優秀賞
入選
優秀作品賞
佳作
表彰に祝品を贈る 【のし紙】花結び祝
祝い返し 本人 御礼
入選内祝
【のし紙】花結び祝/赤棒
会場裏方への謝礼 会運営元 御礼
御祝儀
【のし袋】御礼/御祝儀字入

使用例(のし紙/金封/のし袋の様式)