冠婚葬祭の総合情報サイト。ご贈答時のマナーをご紹介。

ご贈答マナー

お盆

目次
お盆とは
贈答習慣
お返しの次期
僧侶への棚経の謝礼
ひとくちMEMO
ご贈答のマナー
使用例(のし紙/金封/のし袋の様式)

2017シャディお歳暮

2017シャディお歳暮

お盆とは

正式には盂蘭盆会(うらぼんえ)と言って7月13日から16日までの期間をいい、この期間に生前過ごした家に帰ってくるとされる祖霊(先祖の霊)や亡き近親者の霊を迎えて供養する行事です。
お盆の初日である13日には「迎え火」を焚いて出迎え、14・15両日には佛壇の前にお供え物で飾った精霊棚を設けて供養をし、16日には浄土への道しるべとなる「送り火」を焚いて送り出すという習わしになっています。
関西を初め西日本の地方では月遅れの8月13日から16日の間に行われます。
故人が逝去後初めて迎えるお盆を初盆(新盆)と言いますが、忌明け法要前や忌明け後幾日も経っていない時は、翌年のお盆を初盆(新盆)とします。特に新盆には身内や親しい方を招いて、僧侶にお経(棚経)をあげて貰うなど盛大に行われます。
尚、浄土真宗では宗旨(教義)の違いにより、送り火や迎え火をしたり、精霊棚を設けるなどの習慣はありません。
昨今では、檀家一同が参集して菩提寺で盂蘭盆会の読経(仏説盂蘭盆経)を営み、僧侶の法話を聞くなどすることが一般的になってきています。

お盆の由来

サンスクリット語(梵語)の「ウラバンナ(逆さ吊りの苦しみを救うという意味)」という言葉から「盂蘭盆会」といわれます。
釈迦の弟子である目連尊者という人が、実母が餓鬼道に堕ち込んで苦しんでいるのを釈迦の教えに基き、救済のための供養を営み功徳をもって無事成仏させたという「仏説盂蘭盆経」からきています。

精霊棚

盆棚ともいい、古くは内庭や座敷に大きな精霊棚を作って先祖の霊をお迎えしていましたが、現在では 仏壇の前における程度の小さな台を用いてお飾りするのが一般的です。 精霊棚には、位牌・盆花・線香立て(香炉)・ろうそく立て(灯明台)・リン(かね)を初め、精進料理・季節の野菜や果物・水入れ(浄水の器)・小餅・白玉だんご・素麺・菓子などとともに、キュウリで作った馬とナスビで作った牛を並べます。
「キュウリの馬」は先祖や故人の霊が、盆提灯の明かりや迎え火の煙に導かれて迷わず馬に乗って帰ってくるとされることから、「ナスビの牛」は送り火の煙とともに牛に乗って帰っていくことからとされていますが、「往きの馬」は馬を使ってもらってあの世から一刻も早く帰ってきて欲しいとの願いから、「帰りの牛」は牛を使ってもらってあの世に少しでもゆっくり戻って欲しいとの願いが込められていると言われています。

贈答習慣

新盆供養の出席者は、お供え金(御仏前・御供物料)やお供え物(御供・御供物)を贈ります。

お返しの次期

新盆供養の出席者には粗品として、東日本では「志」、西日本では「粗供養」が贈られます。

僧侶への棚経の謝礼

通常の盆供養時には読経に対する御礼のみですが、新盆供養の際は御膳料やお車代も付けます。

ひとくちMEMO

  • 浄土真宗(本願寺派・大谷派)では、盆に霊が帰ってくると考えないことから、精霊棚(盆棚)の飾りをしたり送り火・迎え火などを行うしきたりはなく、従って他の佛教の宗派のように僧侶の盆回向を「棚経」と言わず「報恩感謝」という。

ご贈答のマナー

贈答様式 贈り元 献辞(表書き) 慶弔用品
盆供養・盂蘭盆会時の寺院・僧侶への謝礼 当家 御法禮
御回向料
御経料
御布施
御礼
【金封】
双銀結切り/双銀あわび結び
黄白結切り/黄白あわび結び
水引熨斗なし
【のし袋】
白無地/黄白(銀)結切り
黄白(銀)あわび結び/御布施字入

使用例(のし紙/金封/のし袋の様式)