冠婚葬祭の総合情報サイト。ご贈答時のマナーをご紹介。のし紙、のし袋、賞状の書き方やお中元・お歳暮・年賀のマナーも詳しくご紹介。

ご贈答マナー

サイトマップ お問い合わせ 広告について

ホーム表書き

メインメニュー

役立つ豆知識

おすすめコンテンツ

オリジナル三角くじがオンラインで見積もり可能!くじ販売.jp!

ご贈答マナーモバイル

ご贈答マナーモバイル

のし紙・金封・のし袋の表書き[献辞(上書き)/名前書き]

[PR]冠婚葬祭・贈答の表書きとお金

表書きの書き方

正式には毛筆で楷書書きにします。祝い用は濃い墨で、弔い用には「悲しみの涙で墨も薄くなる」と、弔慰・哀悼を込めて薄墨を用いるのが正式な書き方ですが、現在は弔い用も濃い墨を用いることが多くなってきています。

※漢数字の書き方
壱萬圓(1万円)、弐萬圓(2万円)、参萬圓(3万円)、伍萬圓(5万円)、壱拾萬圓(10万円)

のし紙・のし袋・金封の表書き例

のし紙の表書き のし袋の表書き 金封の表書き
のし紙
(クリックで拡大できます)
のし袋
(クリックで拡大できます)
のし紙
(クリックで拡大できます)
※金封の表書きについて
中袋表面に金額を、中袋裏面に名前・住所を記入します。
旧漢字を用いるのが正式ですが、略式(一、二、三)を使い、最後の「也」も省略してもかまいません。

[PR] のし紙販売

連名の書き方マナー

3名以上の連名の場合 3名連名の場合
金封 金封の名前書きを○○一同として、向かって右側から左へと地位や年齢の高い人の順に書いた紙を添える。 金封 向かって右側から左へ地位・年齢の高い順に書入れる。
2名連名の場合 会社名や団体名を書入れる場合
金封 向かって右側から左へ地位・年齢の高い順に書入れる。 金封 会社などの団体名を書き入れる場合は、名前がきの右側に書き添える。
贈る相手を書入れる場合 夫婦連名の場合
金封 向かって左上に贈る相手の名前を入れる。贈る側が連名の場合は向かって左側より右へと地位・年齢の高い人の順で書入れる。
※ご注意
贈る相手の名前を書き入れる場合は、連盟の名前書きが通常の場合と順位が逆になります。
金封 夫の名前をフルネームで書き、その左側に夫の名の位置にそろえて妻の名前を書く(妻は名だけ)。

▲このページのTOPに戻る