冠婚葬祭の総合情報サイト。ご贈答時のマナーをご紹介。のし紙、のし袋、賞状の書き方やお中元・お歳暮・年賀のマナーも詳しくご紹介。

ご贈答マナー

サイトマップ お問い合わせ 広告について

ホーム婚の行事一覧返信ハガキの書き方

メインメニュー

役立つ豆知識

おすすめコンテンツ

オリジナル三角くじがオンラインで見積もり可能!くじ販売.jp!

ご贈答マナーモバイル

ご贈答マナーモバイル

返信ハガキの書き方

[PR]冠婚葬祭・贈答の表書きとお金

披露宴の招待状を頂いたら、出来るだけ早めに出欠の返事を出しましょう。先に電話などで出欠を確認している場合でも、返事のハガキは忘れずに。返事が遅くなると、席次や引き出物、お料理の数などが確定できず、先方に迷惑がかかるのでご注意を。

招待状の返信の書き方(宛名側) 招待状の返信の書き方(出席の場合) 招待状の返信の書き方(欠席の場合)
招待状の返信の書き方(欠席の場合) 招待状の返信の書き方(欠席の場合)

すぐに出欠が決められない場合

招待状を頂いて、すぐに出欠が決められない場合は、とりあえず電話で返事がいつごろになるのかを連絡し、先方に迷惑をかけないようにします。出席の返事をした後で欠席しなければならなくなった場合は、すぐに電話で連絡してお詫びします。

弔事(葬儀など)が重なった場合

披露宴と弔事(葬儀)が重なった時は、付き合いの深かった方を優先させるのは当然ですが、普通は葬儀を優先させることが一般的です。最近は披露宴の方に出席するケースも増えています。また葬儀を優先させる場合は、披露宴を欠席する旨を至急連絡して、後日、先方が落ち着いたころに新居に伺い、お詫びとお祝いを言います。

▲このページのTOPに戻る