冠婚葬祭の総合情報サイト。ご贈答時のマナーをご紹介。

ご贈答マナー

七草粥(人日の節句)

目次
七草粥について

七草粥について

1月7日を過去1年の厄払いとこれからの1年の無病息災と招福を祈願する「人日の日」とされている。この日には、万病除けと邪気払いに良いとされる七種の野菜や雑草を入れた粥に餅を入れた七草粥を食べる習慣がある。胃腸の調整を計る薬草代りとも言われることから、正月のご馳走を食べた後の「箸休め」ともなる。

中国では、この日に七種類の野菜の吸い物を食べて無病を願うならわしがあり、この風評が平安時代の日本に伝わり、江戸時代には今のように春の七草を食べる習慣が広まったとされている。

春の七草

芹(せり)
芹(せり)
セリ科の植物。1ヶ所に「せり」合って生えることから「せり」という名前が付けられたそうです。鉄・食物繊維を含んでいるので貧血や便秘に効果があります。ビタミンCも含んでいるためカゼにも効きます。
薺(なずな)
薺(なずな)
油菜(あぶらな)科の植物。揺れたときの音と、花茎が三味線の撥(ばち)に似ているところから「ぺんぺん草」や「三味線草」(しゃみせんぐさ)とも呼ばれます。止血効果や貧血に効果があり、血圧を下げる作用もあります。利尿、便秘の解消にも効き目があります。
御形(ごぎょう)、母子草(ははこぐさ)
御形(ごぎょう)、母子草(ははこぐさ)
菊(きく)科の植物。風邪の予防や解熱効果があります。
繁縷 (はこべ・はこべら)
繁縷 (はこべ・はこべら)
撫子(なでしこ)科の植物。ビタミン類、タンパク質が比較的多く含まれ、ミネラルそのほかの栄養に富んでいるため、民間では昔から薬草として親しまれています。
仏の座(ほとけのざ) 、田平子(たびらこ)
仏の座(ほとけのざ) 、田平子(たびらこ)
菊(きく)科の植物。和名を小鬼田平子(コオニタビラコ)と呼ぶ。タンポポに似ており、食物繊維が豊富。
菘(すずな)、蕪(かぶ)
菘(すずな)、蕪(かぶ)
油菜(あぶらな)科の植物。ジアスターゼを豊富に含んでいて、消化を促進させる効果があります。
蘿蔔(すずしろ)、大根(だいこん)
蘿蔔(すずしろ)、大根(だいこん)
油菜(あぶらな)科の植物。ビタミンC、ジアスターゼを含んでおり、消化を促進させる効果がある。さらに、葉にはカロテン、ビタミンCやE、カルシウムなどが豊富に含まれている。

目次
七草粥について

タカ印紙製品オンラインショッピング