冠婚葬祭の総合情報サイト。ご贈答時のマナーをご紹介。

ご贈答マナー

母の日

目次
母の日の由来
ひとくちMEMO
ご贈答のマナー
使用例(のし紙/金封/のし袋の様式)

母の日の由来

もともとは、一人のアメリカ人少女「アンナ・ジャービス」が、亡くなった母の追悼をしたいという想いから教会でカーネーションを配ったことがはじまり。この風習がアメリカのほとんどの州に広まり、1914年、当時のアメリカ大統領だったウィルソンが5月の第2日曜日を母の日と制定しました。

ひとくちMEMO

5月の第2日曜日は母の日。日頃の感謝の気持ちを込めてカーネーションを贈るのが定番ですが、最近では品物を贈ることが増えてきているようです。感謝の金品に、賞状用紙を使った感謝状を付けて贈るのもよいでしょう。お返しは不要ですが、遠方であれば電話か手紙でお礼の心を伝えると喜ばれます。ちなみに白いカーネーションは亡き母を偲ぶという意味があるので避けたほうが無難です。

感謝の金品に、賞状用紙を使った感謝状を付けて贈るのもよい。特にお返しは不要だが、遠方であれば電話か手紙でお礼の心を伝える。

ご贈答のマナー

贈答様式 贈り元 献辞(表書き) 慶弔用品
母の日に感謝金を贈る 身内 お母さんありがとう
感謝
【のし袋】花結び祝
【金封】赤白祝結び
母の日に感謝品を贈る 身内 【のし紙】花結び祝

使用例(のし紙/金封/のし袋の様式)