冠婚葬祭の総合情報サイト。ご贈答時のマナーをご紹介。

ご贈答マナー

成人式

目次
贈答慣習
お祝いを贈る時期
お祝い返しの時期
成人祝いの目安/最多回答額
ご贈答のマナー
使用例(のし紙/金封/のし袋の様式)

贈答慣習

元々は宮中や公家・武家の行事で行われていた儀式である「元服の祝い」が一般化したものです。
「加冠の儀」とも言い、冠や大人の装束を身に付け、1人前になった証となる儀式を執り行ったが、当時は数え年の十五歳前後に行われていた。
成人の日として一般化され、満年齢の二十歳で社会人となったことを祝うようになったのは戦後になってからです。

お祝いを贈る時期

1月初めより当日までに贈ります。二十歳のお正月にお年玉代わりに「成人祝い」を贈る方法もあります。

お祝い返しの時期

内輪の祝宴に招く人は当日の会食で相当、招かない人へは一週間以内に「内祝」を贈ります。

成人祝いの目安/最多回答額

成人祝いの目安
贈り先 最多回答額 第2位回答額 第3位回答額
全体 1万円 2万円 3万円
兄弟・姉妹 1万円 1)
親類 1万円 2万円 3万円
友人・知人 1万円 2)
隣・近所 1万円 3)

1)2万円・3万円・5万円
2)2千円・3千円・2万円・3万円
3)10,001~19,999
-は該当するサンプルがないもの
*はサンプル数が少ないためクロス集計していないもの

ご贈答のマナー

贈答様式 贈り元 献辞(表書き) 慶弔用品
祝い品を贈る 身内
身内以外
御成人お祝
祝御成人
成人お祝い
御祝
【のし紙】花結び祝
祝い金を贈る 身内
身内以外
【のし袋】花結び祝
【金封】赤白花結び/赤白あわび結び
祝い返し 本人 内祝
成人内祝
【のし紙】花結び祝

使用例(のし紙/金封/のし袋の様式)