冠婚葬祭の総合情報サイト。ご贈答時のマナーをご紹介。

ご贈答マナー

熨斗(のし)紙

目次
贈答包みの発祥と、のし紙の起源と変遷
熨斗(のし)紙について

贈答包みの発祥と、のし紙の起源と変遷

贈答の起源は、日本古来の宗教である神道において、神前に供えた奉納品を包んだのが発祥で、神饌物(神様の食べ物)としてお供えの農作物や魚介類を束ねるために、和紙で包み掛けた上から数本の白い紙縒りを束ねたもので丸結び(今でいう結切り)にする形で奉納されていたことに由来します。

現在の「のし紙」の様式の元になったのは、鎌倉~室町時代の頃に、定められた宮中の儀式における礼法(各儀式の作法や奉納贈答様式)に起源があり、その礼法に定められた金品の包み方作法の一つである「反物包み」などが原形となっています。当時の「反物包み」は、白い和紙で掛け包み、水引の色は慶弔ともに同じ白い水引(一色)を用い、結び方も慶弔ともに同じ丸結び(今でいう結切り)と定められていました。

祝い用と弔い用の区別は、掛け包む紙は弔い包みは「白和紙のみ」を用い、祝い包みは「白和紙の下に赤染め和紙(白紙より天地がやや大きいサイズのもの)を合わせた二枚合わせ」とし、結びは丸結びにした水引の端を「祝い結び」は上に跳ね上げ、「弔い結び」は下へ垂らす形に定められ、祝いものに限り熨斗鮑を「熨斗包み」にして、結んだ水引に差し挟む形で添えられていました。

江戸時代には武家社会にも慶弔の儀式が執り入れられるようになると、礼法も武家様式が編さんされて新しい贈答習慣が芽生えてくるとともに、慶弔の用途分けは「結ぶ水引の色」により区別するように変化していきます。

明治時代以降に庶民の間にも執り入れられるようになると簡素化が進み、「熨斗鮑」も疑似化された「折り熨斗(現在の金封に付いている熨斗)」へと変化し、大正時代に入ると、印刷の発展とともに更に簡素化されて、現在のような一枚の紙に水引や熨斗がデザイン化され、印刷されたものに変化していきます。

熨斗(のし)紙について

のし紙の選び方 贈答目的に合ったのし紙を選ぶ際には、目的に叶った様式(デザイン)を選ぶことは当然のことながら、贈答品の大きさに適したサイズのものを選ぶことも重要なポイントになります。
のし紙の掛け方(慶弔別) 贈答品に「のし紙」を掛けるということは広く周知されていますが、贈答目的によってのし紙の掛け方が異なっていて、「お祝いごとには慶事掛け」「お悔やみごとには弔事掛け」に区別して用いるようになっている。
のし紙と包装紙の関係(内のし・外のし) 「のし紙」と「包装紙」の関係において、先に包装紙で包んだ上からのし紙を掛ける「外のし」と、先にのし紙を掛けた上から包装紙で包む「内のし」との2方式があります。
のし紙のサイズ名の由来 日本古来から伝わる和サイズの本中判・半紙判・みの判・中杉判・大杉判などがありますが、それぞれのサイズの呼び名になった由来を紹介。
のし紙の水引の色による使い分け 用途に応じた、のし紙を使い分けるために水引の色を知っておく必要があります。

目次
贈答包みの発祥と、のし紙の起源と変遷
熨斗(のし)紙について

タカ印紙製品オンラインショッピング