冠婚葬祭の総合情報サイト。ご贈答時のマナーをご紹介。

ご贈答マナー presented by SASAGAWA

遺族のための知識[葬儀が終わったら支払と挨拶を忘れずに]

遺族のためのお役に立つ知識
死亡通知は電話・電報・広告で
人が死亡した時の届け出について
葬儀社選びと料金について
葬儀が終わったら支払と挨拶を忘れずに
葬祭費と埋葬費の請求は
名義変更の手続きはきっちりと
墓地・霊園の種類と購入時の注意点
生命保険関係の手続き
生命保険の手続きは速やかに
次の相続のための保険加入
年金関係の手続き
遺族年金を受ける時の手続き
寡婦年金、死亡一時金を受けるには
相続関係の手続き
相続発生前に必ずやっておきたいこと
相続発生から申告までのスケジュール
遺言書があったらまず検認申し立てを
かしこい分割~ここがポイント

葬儀の終わった直後では遺族は、精神的にも肉体的にもその疲労はたいへんなものといえるでしょう。その中で2~3日中におこなわなくてはならないことは、事務的なことを始めいろいろとあります。気を引き締めて頑張りたいものです。

現金、名簿の引き継ぎ

葬儀が済み、精進落しも終わった後、遺族は葬儀を中心になってとり行ってくれた世話役から香典、会葬者の名簿、供物、供花、弔辞・弔電、領収書などを受け取ります。とくに香典は、正確な金額を確認したうえで引き継ぐことが肝心です。葬儀の費用は、相続税の控除の対象になりますので、会計書類はもれなく整理・保管しておかなくてはなりません。

葬儀社への支払い

葬儀後2~3日経つと、葬儀社から請求書が届きます。明細書が同封されているはずですから当初の見積書と見比べ、確認の上、支払うようにしましょう。そして、世話をしてくれた葬儀社に心から満足した場合は、心づけを包みましょう。

酒屋等への支払い

通夜ぶるまいで、すし・酒屋さんなどを利用した場合も早目に支払いを済ませたいものです。気を遣ってなかなか請求して来ないお店もありますので、こちらから支払いに出向くのがよいでしょう。

司式者へのお礼

司式者へのお礼も忘れてはいけません。仏教では「御経料」であり、今は価格表があるお寺もあります。またお寺と檀家という関係であれば、支払いはある程度はこちら側の気持ちの問題となるでしょう。
お礼の渡し方は、不祝儀袋に仏教では「お布施」か「御経料」。キリスト教は白封筒に「御礼」と上書きします。

あいさつ回り

寺院、神社、教会にまず出向いてから回り始めるとよいでしよう。葬儀で特別ににお世話になった世話役代表や故人の勤務先などには、初七日までに喪主自らが出向き、挨拶をしたいものです。菓子折り程度のものを持参するのもよいでしょう。

会葬礼状

会葬礼状とは、葬儀・告別式に参列してくださった方へのお礼状です。つまり略式の挨拶回りということになります。でも実際は、告別式の後でお清めと塩が一緒になったものを帰り際に渡し、それを会葬礼状とするのが一般的です。

このページについて

このページは株式会社経営サポートシステムズ:今仲会計税理士事務所税理士、今仲清監修のもとにホームページを作成したものであり、このページの文書、画像等の著作権は株式会社経営サポートシステムズ及び株式会社近代セールス社が保有しています。
よっていかなる理由においても無断で転載、使用することを禁じます。