冠婚葬祭の総合情報サイト。ご贈答時のマナーをご紹介。

ご贈答マナー presented by SASAGAWA

冠婚葬祭全体の回答

質問をキーワードから検索する

冠婚葬祭全体の回答一覧

質問:のし袋や金封に「封入するお祝い金の紙幣の枚数」や「表書きの文字数」は奇数にし...
のし袋や金封に「封入するお祝い金の紙幣の枚数」や「表書きの文字数」は奇数にした方がよいとされているようですが、「傷病や災害のお見舞いの金品」についても同様のものがあるのでしょうか。
答え
「4」や「9」は「死」や「苦」に通じ、6は「ろくでなし」に通じるとして忌み嫌い、結婚のお祝い金品には「4・6・9」に通じるものは用いないという風習が古くから根強く残っており、一般のお祝いにも用いられることが多くなってきています。

こうした忌み数字は余りこだわらない方がよいとする考えもありますが、「4・6・9」が忌み嫌われる理由は一般的に知られているところから、死や苦から逃れたい傷病や災害に遭われた方に対してのお見舞いの金品についても、避けて用いる方が懸命と言えます。