冠婚葬祭の総合情報サイト。ご贈答時のマナーをご紹介。

ご贈答マナー

冠婚葬祭共通の回答

質問をキーワードから検索する

冠婚葬祭共通の回答一覧

質問:地区によって用いられる「金封(水引付きのし袋)の様式に違いがある」とのことです...
地区によって用いられる「金封(水引付きのし袋)の様式に違いがある」とのことですが、どのように使い分けられているのですか。
答え
袋の折り方での違いは、東日本では「多当折り(三つ折りともいう)」を用い、西日本では「風呂敷折り(斜め折りともいう)」が用いられています。

水引の色では、一般のお祝い用(赤と白色)や婚礼関係(金と銀色)に用いられるものに違いは見られませんが、関東地区を中心にした地区では一般お祝い用に「花結び」を、婚礼関係には「結切り」を用い、その他の地域では何れも「あわび結び」を用いるなど水引の結び方に違いが見られます。

弔い用での違いは、西日本では葬儀用に「黒と白色の水引」を、法事用に「黄と白色の水引」を用いるという使い分けが見られますが、東日本では何れの場合も「黒と白色の水引」のものが一般的に用いられています。